お地蔵さんリクエスト

 

以前京都のスーパー「フレスコ」の依頼でお地蔵さんを作ったことがある。

なんでも、スーパー入り口の辺りの自動販売機の周りに客がゴミを置きまくり家庭ゴミまで捨て散らかすのがやまないのでほとほと困っていたそうです。

それで店長と従業員みんなで考え「そうだ、地蔵を置こう」ということになり、
白羽の矢がグッサリ刺さってしまいました。

そこで初めてのお地蔵さん制作。

その結果大変な反響ゴミがなくなった見事に。
今や拝むおばあちゃん、花を飾るおじいちゃん、賽銭まで置かれ皆さんに愛されるフレスコ地蔵くんのなったそうなのだ。

フレスコの社内報で本社に取り上げられ、この度めでたく滋賀店舗からの
地蔵リクエストが来てしまいました。

そこで2体目のお地蔵さん制作完成品がこちら。
御利益あると良いなあゴミ地蔵2号くん。佐藤敏己独り言

ABOUTこの記事をかいた人

karura

【妖精研究室】 妖精の絵を見たり、描いたり、探したり。 神話や伝説に語られる妖精は、人間と神の中間の摩訶不思議なものらしい。日本にも伝わる妖怪、龍、人魚、天狗も純粋な子供の心で見ると見えるかも知れない。案外すぐ側に。