京都島原あたり探索

輪違屋

島原遊廓

島原といえば、かつて京都六花街と言われ最も古い歴史を持つ格式の高い島原遊郭から始まったと言われるそうです。
残念ながら明治に島原お茶屋組合が解散し、現在では祇園甲部、上七軒、宮川町、先斗町、祇園東部の五花街になってしまいました。

日本最古の廓と言われる面影が島原大門、幕末新選組が通った「角屋」、「輪違屋」などの佇まいに見ることができます。

こんな花魁もたくさんいて華やいでいたことでしょうね

ABOUTこの記事をかいた人

karura

【妖精研究室】 妖精の絵を見たり、描いたり、探したり。 神話や伝説に語られる妖精は、人間と神の中間の摩訶不思議なものらしい。日本にも伝わる妖怪、龍、人魚、天狗も純粋な子供の心で見ると見えるかも知れない。案外すぐ側に。